水戸デリヘルに嵌まりそう

今日は水戸遠征の2回目だ。納豆とソープの街である水戸は、北関東内でも方言が強いと思う。群馬、栃木も充分になまってはいるが茨城の水戸周辺は老若男女問わず何言っているか分からないほどだ。街を歩く今時のギャルも風俗嬢も方言が強い。今時のお洒落な見た目とのギャップが楽しめるのが水戸のおもしろいところだ。今回はロータスというデリヘルで遊ぶことにした。

受付に電話をするとハキハキとした対応で好感が持てる。実はこの店は2回目だ。前回指名したSちゃんを再度指名してホテルで20分程待っていた。ドアをノックして来て嬢が現れた。前回同様ミヒマルGTに似ていて背が低く可愛いギャルであった。「あーまた来てくれたんですか」と方言全開で話してくる。明らかに喜んでいるので今日のプレイの期待値が高まる。一緒にシャワーを浴びながら私の勃起したものをさわさわとしてくる。キスをすると向こうから舌を入れてきた。このサービスがうれしい。ベッドへ移動してシックスナインの体勢になる。この時点で嬢の股間は濡れ濡れ状態だ。最後は大人のお付き合いで2回FINISH。大満足であった。風俗では基本新規の店を攻める私だが、気に入った嬢がいる時と大人のお付き合いが出来た時は再度指名することもある。この店のこの嬢は抜群の安定感が保障されている。

コメントを残す