水戸風俗遠征3回目に落とし穴が

今日は水戸風俗遠征3回目だ。ここのところ水戸の風俗で連戦連勝の私は水戸という響きだけで勃起してしまうほど自信を持っている。今回満を持して選んだ店は素人体験入店だ。この店は関東中心にどんどん店舗を進出している人気店である。売りは素人風俗嬢が派遣されてくることだ。正確には限りなく素人に近い風俗嬢であり、風俗未経験だったり、面接したての嬢のことである。違う店舗ではまずまずの結果だったのと、新規のデリヘルを検索する時間が無かった為、この店に決めたのだ。

受付に電話をして直ぐ行けるRちゃん(19才)を指名してホテルで待機する。待つこと15分、嬢が到着した。文科系の黒髪女子という見た目で暗い印象を受ける。声を小さく何を話しているか聞き取りづらい。ブスではないが顔、スタイルも至って普通。クラスでも決して目立つ存在ではないはずだ。一緒にシャワーを浴びるが会話がもたないし、こちらに尽くしてくれる気配は一切見受けられない。ベッドへ移動してこちらが攻めることにしたがキス、おっぱい、手マンの全てに体をクネクネさせてやんわり逃げる。始めはこのような見た目の嬢だから恥ずかしがっているのかと思いきや、単純にサービスが悪い嬢と判明した。何もしてくれないし、全て嫌がる始末。本当に良くデリヘルをやっているなと感心してしまうほどの久々のクソ嬢であった。

コメントを残す