宇都宮のデリヘルにはまることになる記念すべき一店目

一番最初に栃木に引っ越してきたときのこと。新しい生活にも慣れてきてしまい、趣味であるナンパにチャレンジしてみた。しかし県民性の違いなのか女の子の特徴を掴むことに苦労してしまい、その日のナンパは失敗に終わってしまった。しかしナンパに失敗したとはいえ宇都宮の可愛い女の子と会話ができてしまったことで栃木の女の子を抱きたいという欲望に駆られた。

そこで私は一旦自宅アパートに戻ってパソコンを開いたのだ。宇都宮のデリヘルを検索してみると幾つかのお店が引っ掛かり、その中からアイドルコレクションという興味深いネーミングのお店を見つけた。在籍している女の子の写真を見てみると一部にボカシが入っているとはいえ、ネーミングどおりアイドルみたいに可愛い女の子が掲載されていた。この時点で当時はえらく興奮したもんだ。私はこの中から黒髪の綺麗な女の子を指名して自宅まで派遣して貰うことにした。引っ越して間もないということもあり、お試しコースでプレイすることにした。財布から指名料を含めた1万2千円を用意して待っていると部屋のチャイムが鳴った。ドキドキしながらドアを開けてみると色白で目元パッチリの女の子が立っていた。制服を着せたら結構いけるんじゃないかというぐらい、そこそこ可愛いかった。たまっていた話をしている段階で勃起してしまった。堪らずベッドに押し倒した。色白の体は愛撫していく内に赤く火照っていき私の精液もきれいに映えていた。そこからは覚えていない。こぶりのかわいい乳房をあらわにすると、かわいい乳首にしゃぶりついた。右手はすがさず秘所に這わせると、アマゾン並みに濡れていた。

女の子の反撃のフェラチオでたまらず射精。ここから宇都宮のデリヘル道を歩むことになる。

コメントを残す